ホーム » スポンサー広告競技用武器 » 中国武具 峨嵋刺(がびし) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

中国武具 峨嵋刺(がびし) 



峨嵋刺(がびし) 

中国武具の一つですね。

中国武術における暗器や、文人や女性用の護身用の武器でもあります。

日本には寸鉄、鉄柱として伝わっているのだとか。


使用方法は、棒の中心にある指輪のようなリングを中指にはめ、

クルクル回転させて相手を幻惑させてたり、突き刺したりします。

ゲームの三國無双でもクルクルまわして攻撃したりしてますね。


暗器としての使用法は、峨嵋刺を腕に沿わせて縦に握り、

手の中に隠して相手に近づき、間合いに入ったら本体を回転させて攻撃します。

攻撃方法は、点穴を狙った刺突が主です。


武器や武術をみていて面白いのは、やはり中国ですね。

先日の多節鞭と言い、実に多彩です。


 ⇒中国武具 峨嵋刺 【がびし】 2本組


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。