ホーム » スポンサー広告競技用武器 » 中国武具 七節鞭(ななせつべん)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

中国武具 七節鞭(ななせつべん)



七節鞭(ななせつべん) 

多節鞭の一種です。

中国の武具の一つです。

先日紹介した九節鞭より連結部分が太く、重いのが特徴です。


形状は九節鞭と同じで、細く短い金属の棒をリングで繋ぎ、

先端に錘(おもり)を付けて、遠心力で振り回したりして攻撃する武器です。


演舞を見ると、流麗な動きでヒュンヒュン振り回しているのですが、

実戦だとどうだったんでしょうね。

一撃で相手を殺さないとやられるような時代とかですと、

やっぱり先端に刃物をつけたりしたんでしょうかね。

もしくは、この画像より重い錘をつけて、

殺すことは出来ないまでも、ヒットすれば意識を刈り取るぐらいの

威力は持っていたのでしょうか。


なかなかどうして。色々と妄想がはかどりますね。


 ⇒中国武具 七節鞭 【ななせつべん】


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。