ホーム » スポンサー広告模造刀 » 宮本武蔵の愛刀 和泉守藤原兼重 腰に差して剣豪気分に浸ったり、 守り刀として神刀として奉ったり!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

宮本武蔵の愛刀 和泉守藤原兼重 腰に差して剣豪気分に浸ったり、 守り刀として神刀として奉ったり!





宮本武蔵

言わずと知れた二天一流の大剣豪ですね。

剣豪の代名詞のような人です。


槍の宝蔵院、鎖鎌の宍戸、そして吉岡一門との決闘、

佐々木小次郎との巌流島の決闘・・・

それらを含め、60回以上に渡る真剣勝負に全て勝利。

剣の道に生きた孤高の剣術家でもあり、

芸術家や兵法家としても有名で、五輪書や多数の絵画も遺す。


そんな人物像が大衆に好かれないはずはなく、

歴史小説や、映画、ドラマ、漫画にまで多岐にわたる程、

題材に使われる人でもあります。


それにしても、宮本武蔵の二天一流ですが、

もともと人並み外れた剛力の持ち主だったそうですが、

鉄の塊であり人斬り包丁である日本刀を両手に刀を装備して

戦うなんていう狂人じみた発想を、実現してしまう才能が凄まじいですね。


個人的には、左右両手で持って戦うのは明らかに戦いづらいと思うのですが。

そこは二天一流の創始者である宮本武蔵。

彼だからこそ出来たのかもしれません。


イメージ的には、木刀や櫂で戦う姿の印象のほうが強いんですが、

実際どうだったんでしょうね。


そんな、かの大剣豪・宮本武蔵拵えの大刀です。

武蔵が愛用していた刀といえば、和泉守藤原兼重ですね。


美術品としての鑑賞以外にも、腰に差して剣豪気分に浸ったり、

守り刀として神刀として奉ったりと、色々と楽しめます。


 ⇒美術刀剣 模造刀 宮本武蔵拵え大刀



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。