ホーム » スポンサー広告模造刀 » クルセイダーソード 十字軍

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

クルセイダーソード 十字軍





クルセイダーソード

クルセイダーとは、スペイン語で「十字架をつけた集団」

という意味を持つ言葉であり、転じて十字軍を意味します。

クルセイダーソードとは、その十字軍が装備していたとされる剣になります。


十字軍とは、聖地を奪還せよというローマ教皇の呼びかけに呼応して、

聖地エルサレムをめざして進軍を始めた、

王侯・諸侯・騎士・農民の雑多な階層の集まりとなります。


十字軍遠征といえば、中世の時代に行われた、

キリスト教とイスラム教の間で行われた大規模な宗教戦争の一つですね。

中学の頃、歴史の授業で学んだ時は、

聖戦とは名前ばかりの血なまぐさいものを感じたものです。


実際に調べてみると、どこまで本当かは解りませんが、

聖地奪還を大義名分として、

一方的な虐殺を行なっていたりもしていたようですね。


とまぁ、歴史の話はさておき・・・

クルセイダーソードです。


いかにもな西洋風の刀剣ですね。

敵を叩き斬るというか、切り潰すというか、

そんな豪快さが見て取れます。

これを持つことで、ファンタジー世界に身を浸したり、

中世の聖戦に思いを馳せるのもいいかもしれません。


武器というのはかくも奥深いものですな。


 ⇒フランス十字軍 クルセイダーソード ブラック




スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。