ホーム » スポンサー広告模造刀 » 千子村正 徳川家と共に存在し続けた妖刀村正伝説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

千子村正 徳川家と共に存在し続けた妖刀村正伝説




千子村正(せんじむらまさ、せんごむらまさ)

妖刀伝説に出てくる有名な刀ですね。

江戸幕府を開いたかの徳川家に災いともたらし、

徳川家康が忌み嫌ったとか嫌っていないとかで、よく出てくる刀です。


曰く、徳川家の家臣が謀反を起こした際に、

親族(祖父・清康、父・広忠)の殺害に用いいた凶器が村正であった。


曰く、家康の嫡男・信康が謀反の疑いで死罪になった際に、

介錯に使われたのが村正であった。


曰く、家康の指を切った槍が村正作であった・・・



そんな因縁が積もり積もって、徳川家の村正は全て廃棄。

公にも忌避されるようになり、時には銘を磨り潰して、

隠滅する程の徹底ぶりを見せた。


・・・とまぁ、そんな感じで、徳川家と共にあるような妖刀伝説ですが、

実際、幕末・維新時代には妖刀村正伝説は完全に定着していたようですね。

特に徳川家と対立する立場の人間には、

逆に『縁起物』としても重宝されていたようで、

幕末の倒幕派の志士たちの多くが、競って村正を求めたんだとか。


漫画や、RPGゲームにも出てきますよね。

鬼眼の狂や装甲悪鬼村正 etc etc...

ウィザードリィシリーズではサムライ最強の武器として。


妖刀村正伝説は、現代もゲームや漫画として、

今もなお根強く残っておりますね。


 ⇒美術刀剣 模造刀 妖刀村正伝説・千子村正



スポンサーサイト
タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。