ホーム » スポンサー広告模造刀 » 備前長船長光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

備前長船長光




備前長船長光(びせんおさふねながみつ)

長光は、鎌倉時代後期の備前国の長船派の刀工。

有名なのは国宝の「大般若長光」(東京国立博物館)

古刀期においてはもっとも現存在銘作刀が多い刀工の一人。


「国宝」「重要文化財」ともに列挙される、

古今、最高の「日本刀」とも言えますね。


鎌倉時代ならではの、質実にして剛健、

シンプルでありながら「美」を感じざるを得ない、

鎌倉、南北朝、室町、戦国・・・

このあたりの時代は、私が一番好きな時代ですね。

「貴族」に成り代わって「武士」という存在が

台頭し始めたのもこの頃ですし。


模造刀とはいえ、国宝に認定されるほどの刀を手に、

過去の時代に思いを馳せるのも一興かもしれません。


 ⇒薄刃仕上げの刀身に乱れ波紋!!備前鍛冶の巨匠 備前長船長光居合刀



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。