ホーム » スポンサー広告模造刀 » 『斬馬刀』(ざんばとう) 対・騎馬用の超重量、超巨大刀剣!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

『斬馬刀』(ざんばとう) 対・騎馬用の超重量、超巨大刀剣!!




斬馬刀

対・騎馬用の巨大刀。

馬ごと断ち切る為に作られた超重量かつ超巨大刀剣。

・・・と、言われていますが、実際は見得を張るための、

一種のパフォーマンス的なステータスとしての武器だったのだとか。

今で言う「厨二」昔で言う「傾く」という奴でしょうかね。

野太刀・大太刀とも呼ばれるようです。


本来は古代中国で使用されていた武器で、

形状も長い柄に大身の片刃を取り付けたものだったそうです。

イメージ的には青龍偃月刀のようなイメージでしょうか。


因みに現代のイメージでは、馬に乗った敵将ごと

斬ることができる超重量、超巨大な戦場刀という、

豪快なイメージがあります。


マンガやアーケードの格闘ゲームでもそんなイメージですよね。

私の知っている某るろうに漫画にも斬馬刀使いがいましたが。

とにもかくにも、共通しているのは、

超絶な重量感&超巨大という部分は共通しておりました。


今回紹介しているのも全長182cmの斬馬刀ですが、

こんな長大な刀、誰が使えるんだというお話です。

アルミ製ですけど、それでもめちゃくちゃ重いですよ。多分。


長い歴史の中、使いこなせた人も一人や二人は

いたのだと思いますが、ほんの一握りだったのでは。

と個人的には思います。


それにしても、こういう巨大武器というのも夢がありますね。

見るだけでワクワクしてきます。

力強いというか、なんと言いましょうか。

力を分けてもらっている感じと言いましょうか。


実戦用以外にも、神社への奉納用としても

使われたというのも頷けます。


 ⇒日本美術刀剣 模造刀 全長181cm 斬馬刀




スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。