ホーム » スポンサー広告模造刀 » 仕込み杖 それはギャップの美学!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

仕込み杖 それはギャップの美学!




仕込み杖

杖の中に刀などを仕込んだ護身用の武器ですね。

長さ、形状は用途によって様々です。

※刺突用、斬撃用など。

頭身の反りは杖に合わせてつけられ、

自然の樹木に合わせて、幾重にも曲がったものもあります。


作られた時代は江戸時代、明治時代が主流。

仕込杖の大半は、明治時代の廃刀令に伴って作られた、

握りがカギ状に曲がったステッキ状のものが多いですね。


江戸時代は刀が公に認められていたのも在り、

残存例がすくないというのもあります。


江戸時代の仕込み杖で連想するのは、

勝新太郎演じる盲目の侠客剣士「座頭市」でしょうか。

盲目というハンデキャップを抱えながらも、

長ドスを仕込み杖として、驚異的な抜刀術で敵を屠る

かの孤高の剣士を連想する方も多いと思います。


それにしても、「盲人用の杖が、じつは長ドスの仕込み杖」

という設定は燃えますね。


同じように、こんかいご紹介している、

「殺生禁止のお坊様の杖が実は人斬り包丁の仕込み杖」

というのも実に燃えます。


かの三蔵法師の杖が、実は仕込み杖だった!

という想像(妄想?)をするだけでも、

いろんな妄想が楽しめそうです。


このギャップの美学というのは、

何時の時代も共通なんでしょうねぇ。


 ⇒仕込杖 三蔵法師の錫杖



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。