ホーム » スポンサー広告模造刀 » 薙刀(長刀とも呼称) 源平合戦の時代に活躍した主流の武器

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

薙刀(長刀とも呼称) 源平合戦の時代に活躍した主流の武器




薙刀

「長刀」とも表記しますね。

源平合戦の時代には主流の武器でしたね。

かの武蔵坊弁慶も大薙刀を持って、主君の義経と、

数多の戦場を渡り歩いておりました。


しかし、応仁の乱以降の戦国時代で主流になった、

密集陣形での戦場では機能的な観点より槍が勝り、

戦場の主武器としての地位をおわれることになります。


最終的には、江戸幕府が武士の個人での

薙刀の所持を禁止し、消滅寸前になりましたが、

武家の女子が必修する武芸となる事で存続を得たのだとか。


薙刀といえば女性のみしか習えない、

男子禁制の武道としてのイメージがありますが、

そういった経緯があるようです。


マガジンで連載中の我間乱(ガマラン)とか読んでいると、

江戸時代でも長刀使っている男とかいるんですけどね。

(しかも相当の使い手)


そんな薙刀ですが、棒きれよりはあたると痛いです。

観賞用・美術用・ギリギリでコスプレ用としてご使用くださいませ。


 ⇒模造刀尾形刀剣 薙刀(ナギナタ)




スポンサーサイト
タグ / 薙刀長刀

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。