ホーム » 2013年07月

2013年07月の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

方天画戟 三国志最強の武将・呂布奉先の武器




方天画戟(ほうてんがげき)

三国志最強の武将・呂布が使用していた武器ですね。

この武器を手に、愛馬・赤兎馬と共に戦場を駆け、

無類の強さで屍の山を築き上げていく様が良く描写されます。


三国志演義での、虎牢関の戦では、

劉備・関羽・張飛が3人がかり挑んだにも関わらず、

互角以上に闘い抜きます。

三国志演義初期の物語の見どころの一つでもあります。

ちなみにこの方天画戟。

三国志正史に使用されていたという記録はなく、三国志演義での設定のようです。

※方天画戟が開発されたのが宋の時代なので。


長柄武器のひとつで、特徴としては、

穂先の根に一対で付いている月牙が一つのみ付与されています。

通常の方天戟(ほうてんげき)は月牙が2つ付いています。

そういう知識を持って、この画像を見ると…

方天画戟と謳っていますが、方天戟ですよね。これ。。


まぁ、それは置いておいて…


方天画戟は、戟や槍から発展したと考えられているようです。

槍の本来の特性を生かしつつ、月牙によって、

打込み、薙払い、防御を行う事を可能としています。


尚、月牙が片方のみに付けられた方天戟を、

青龍戟(せいりゅうげき)戟刀(げきとう)単戟(たんげき)と

呼称しますが、その中でも呂布が愛用した戟は「方天画戟」と呼称され、

武器そのものが固有名と化しています。

まさに、三国志最強の武将の代名詞ともとれる表現です。


 ⇒三国志演義の登場人物「呂布」の武器といえば、この方天画戟ですよね。


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。