ホーム » 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

メイソンリー・シンボリックソード





メイソンリー・シンボリックソード

フリーメイソンをイメージした西洋刀剣です。


フリーメイソンとは世界的な組織であり、

秘密結社であり、友愛団体の一つです。


世界中に存在し会員は600万人とも。

しかし、起源は謎とされ、16世紀後半から17世紀初頭に興ったとされています。

世界支配を狙う陰謀団体だったりとか、

テンプル騎士団の生き残りが組織したとか、

ユダヤとフリーメイソンの陰謀論だとか、

いろんな説があるようですね。


オカルト大好き&下世話な俗説大好きな暇な方々や、

ネタに飢えているマスコミや、カルト宗教団体には

格好の媒体だったようで、今もメイソンに入っていると認めただけで、

陰謀的な決め付けをされるような偏見がまかり通っているようです。

秘密結社でもあるので、入会儀式など確かに秘匿とされている部分もあり、

この辺りが、陰謀説などの背景にもなっているようです。


ちなみに始まりは、ゴシック建築の教会を建てていた職人の団体がルーツらしく、

当初は、居酒屋に集まって政治談議などをしていたようです。


因みに、メイスン(フリーメイソンの会員)になる条件は以下のとおり。

・自由意志による入会希望を持っていること

・男性であること
 ※中世の時代から始まった組織であり、
  当時は石工すべて男性であったための名残

・満20歳以上であること

・肉体的精神的に障害がないこと
 ※中世においては石工になるために欠かせない条件であったため

・何かしらの信仰を持っていること
 ※特定の宗教を信仰していなくても、神(あるいはそれに類する創造者)
  の存在を信じるものであれば、入会資格はあるとされる


Wikipediaからの受け売りですが、

2006年に『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化され、

これを観た入会志望者が増加したのだとか。


そこで無料説明会を開くようになったところ、

人脈作りを期待したり、秘密結社という想像を膨らませたりして入って、

期待と違っていて辞めていくという人も多いのだとか。

説明会は月に一度行われているそうです。


というか、全然模造刀の話じゃないですね。。。

懺悔。

 
 ⇒西洋武具インテリアコレクション メイソンリー・シンボリックソード



スポンサーサイト

金茶 模造刀




模造刀 金茶(きんちゃ)

柄糸の色が金茶の刀の事を指します。

金茶は明るく黄色がかった茶色、もしくは金色に近い色合いで、

山吹茶とも呼ばれます。

日本刀は、柄糸の色を特徴にして刀の名称を呼ぶ事があるようですね。

※黒石目とか石目とか。


まぁ、村正などの刀工の名前をつけたり、

胴田貫などの特徴的な刀はそのまま呼ばれたりもするようですが。


因みに、居合の話になりますが、柄糸の色で、

金茶や白を選ぶのは暗黙の了解として、

年齢と経験と実績を幾重にも重ねた高位段者以外は

なるべく遠慮する習慣があるようです。

※出展は、居合関係のホームページです。


まぁ、インテリアや演劇、コスプレなどに

使う分には何も問題ないかと思いますが。


それにしても、金茶の模造刀は、

シックなイメージの黒の柄糸とはまた違った渋みがありますね。

 ⇒金茶(模造刀) 掛台付き




テンプル騎士団初代総長 ユーグ・ド・パイヤン所持 クルセイダーソード 




テンプル騎士団初代総長

ユーグ・ド・パイヤン所持 クルセイダーソード
 

テンプル騎士団の初代総長であるユーグ・ド・パイヤンが、

佩刀していたという西洋刀剣です。

前回紹介したものとはまた別のデザインのものになりますね。

白地に赤という華やかな鞘と十字を模した模様の長剣になります。


テンプル騎士団といえば、十字軍遠征の時代に活躍した騎士修道会ですね。

日本語では「神殿騎士団」「聖堂騎士団」とも呼称されます。

国王が号令を下して収集された十字軍とは違い、

聖地エルサレムへの巡礼に向かう人々を保護するために設立された、

騎士にして修道士の集団です。


最終的には、金に目が眩んだ国王の策略に嵌められ、

騎士団員数百名を異端審問(男色、反キリスト、悪魔崇拝など)に掛けた後、

「自白させられるまで」拷問し、財産を没収され、騎士団そのものを解体させられる。

という、不遇な境遇を持つ騎士団でもあります。


修道士の騎士団ということもあり、エルサレム神殿の跡地から聖杯や聖櫃、

イエスが架けられた十字架を発見したという伝説も多く、

多数の団体が自らの出自をテンプル騎士団と結びつけることで、

神秘性を高めようとしていた歴史もあったのだとか。


一方はエルサレム奪還の為に王の号令をうけて集まった十字軍。

一方はエルサレムへの巡礼に向かう人々を保護する為に設立されたテンプル騎士団。

十字軍もテンプル騎士団も業が深いですね。


 ⇒伝説の騎士団 『テンプル騎士団』総長の剣 ユーグ・ド・パイヤン所持 クルセイダーソード


クルセイダーソード 十字軍





クルセイダーソード

クルセイダーとは、スペイン語で「十字架をつけた集団」

という意味を持つ言葉であり、転じて十字軍を意味します。

クルセイダーソードとは、その十字軍が装備していたとされる剣になります。


十字軍とは、聖地を奪還せよというローマ教皇の呼びかけに呼応して、

聖地エルサレムをめざして進軍を始めた、

王侯・諸侯・騎士・農民の雑多な階層の集まりとなります。


十字軍遠征といえば、中世の時代に行われた、

キリスト教とイスラム教の間で行われた大規模な宗教戦争の一つですね。

中学の頃、歴史の授業で学んだ時は、

聖戦とは名前ばかりの血なまぐさいものを感じたものです。


実際に調べてみると、どこまで本当かは解りませんが、

聖地奪還を大義名分として、

一方的な虐殺を行なっていたりもしていたようですね。


とまぁ、歴史の話はさておき・・・

クルセイダーソードです。


いかにもな西洋風の刀剣ですね。

敵を叩き斬るというか、切り潰すというか、

そんな豪快さが見て取れます。

これを持つことで、ファンタジー世界に身を浸したり、

中世の聖戦に思いを馳せるのもいいかもしれません。


武器というのはかくも奥深いものですな。


 ⇒フランス十字軍 クルセイダーソード ブラック




手慣らし鉄扇 護身具&鍛錬具 懐のお供に!



手慣らし鉄扇(てならしてっせん)

画像見ていただければ瞭然かと思いますが、

閉じた状態の扇子の形をした鉄の棒です。

手慣らし鉄扇、あるいは、単に手慣らしと呼ばれております。


携帯用の護身具、鍛錬具として用いられ、

文字通り手慣らし用としていつでも手に持てる程身近な

護身具兼、鍛錬具であります。


昔は、扇ならだれでも持っていましたし、

持っていても不自然さはなく、日常的に訓練していたのでしょうね。


先日紹介した鉄扇のような、開閉型よりもこちらの鉄の棒のほうが、

昔はメジャーだったのだとか。

(骨董屋さんに行くと今でもおいてあるらしいです。)

それにしても、日本の武器というのは

刀といい手裏剣といいこの鉄扇と良い、なんとも奥深いですね。

持って歩きたくなってきます。

(これなら銃刀法違反で多分捕まらないはず。。)

 ⇒送料無料!総鉄製手馴らし鉄扇 「風林火山武田信玄」朱紐 一尺 鍛練棒シリーズ


鉄扇(てっせん) 





鉄扇(てっせん)

読んで字の如く鉄の扇です。


日本では戦国時代から存在し、陣中での避暑のための扇と

非常時の護身具の両面で用いられていたのだとか。


携帯用の護身具以外にも、鍛錬具としても用いられ、

閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない鉄の塊の鉄扇は

手慣らし鉄扇とも呼ばれていました。


昔は、扇ならいつ取り出しても不自然ではなかったので、

これを使用して気軽に鍛錬していたのでしょうね。


鉄扇術という護身術もあるくらいですから、

武士階級の人にとっては刀とほぼ近い役割を持っていたのでしょうかね。


特に屋敷や寝所などでは、

刀のような小回りの効かないものを

部屋で振り回すわけには行かない場合などに

護身用具として活躍したんでしょうね。


あの時代は、常に死と隣り合わせでしたし、

それぐらいの護身用具は持っていて当然だったのかもしれません。


そう考えると奥が深いですね。

ううむ。

欲しい!


 ⇒戦国時代の武士が愛用してきた鉄扇。現代では出世栄達を願う縁起物として贈り物に!




模造刀・銀石目(ぎんいしめ) 「銀」の荘厳さ。




模造刀・銀石目(ぎんいしめ) 

石目というのは、日本刀の鞘(さや)の、表面部分の仕上げの種類の一つとなります。

刀の鞘が、石の様な見た目で、肌触りはザラザラしているものになります。

この銀石目というのは、文字通りの銀色をした石目作りの大刀となります。


通常の日本刀のスタンダードといえば、

黒石目ですが、それを白くした感じといえばいいのでしょうか。

重量感、輝き、質感ともに、神聖な雰囲気を感じますね。

神棚か何処かに飾っておくだけで守り刀として機能しそうです。

ええ。

飾るだけで気が引き締まるというか。


因みに用途ですが、

美術刀として使ったり、和室のインテリアとして使ったり、

というのが本来の用途となります。

稀に素振り用に使う方もいるかもしれません。

(結構重いですし ※約1㌔あります)

しかし、観賞用の刀なので素振りなどの実用に耐えません。

振っているとポッキリ折れます。(たぶん)

そこはご注意を。


それにしても、白や銀というのは、

なんとも奥ゆかしく荘厳なイメージが湧いてきますね。(個人的主観ですが)


 ⇒大人気の美術刀剣 本格模造刀(模擬刀)が激安価格にてご提供。 圧倒される重量感! 銀石目(ぎんいしめ)


苦無(くない) 忍者武具 ※ゴム製なので安心。



苦無(くない)

手裏剣、マキビシと並んで忍者の必需品ですね。


サイズは13~15cmの大形サイズ(大苦無)

8~10cmの小型サイズ(小苦無)があります。


用途は多岐にわたり、壁を登ったり、穴を掘ったり、

輪場になっている後部に縄や紐を通して使うなど、

便利な小道具として使われておりました。


現代の漫画や小説、時代劇ドラマなどでは、

手裏剣の一種のような扱い方をされていますが、

実際には多くの用途で使用される小道具だったようです。


それにしても忍者の武器というのは、非常に独特ですよね。

この苦無もそうですが、手裏剣やマキビシ、鎖分銅、鉤爪に忍者刀など…

最初に考えた人って一体どんな人がどんな用途で発想したのでしょうかね。

形状一つとっても、他の国にはない独創性が見て取れます。


こういうのを見ると、何時間でも空想に思いふける自分がおります。

我ながらいい趣味をしていると思いますね。はい。


で、この苦無ですがゴム製の苦無です。

用途としては明らかに玩具用、もしくはコスプレ用でしょうか。

私は観賞用ですけどね。


ゴム製なので怪我などは余程のことがない限り発生しないでしょう。

リンク先に飛んでいただければわかると思いますが、

グニグニと横に曲がっている画像があります。

これはこれで実に面白い・・・


 ⇒ゴム製で安心♪ 忍者になっちゃおー!!コスプレにも!忍者の必需品!★苦無(クナイ)武器・時代劇グッズ




アーサー王 エクスカリバー(エクスキャリバー)





エクスキャリバー(エクスカリバー)


かの、アーサー王伝説に出ててくる、

聖剣・エクスキャリバーですね。(エクスカリバーとも言います)

5世紀~6世紀の時代に存在したと言われますが

創作、民間伝承という説も強いとも。


また、このエクスカリバーと共にある、

かの英雄・『アーサー王伝説』は、

中世ヨーロッパの伝説の中でも最大級の伝説・伝承となるほどの存在です。


円卓の騎士

聖杯伝説


それらに基づく派生の物語の数々。


創作、民間伝承と言われながらも、

今もなお語り継がれる程に深く根付いたのは、

非常に興味深いところですね。


RPGゲームでも最強クラスの攻撃力を持ち、

「聖剣」と名高い救国の英雄が佩刀する刀剣・エクスカリバー。

その剣を持ちながら、かの伝説に思いを馳せるのも一興かと思います。

※自分なら1日中夢想しております。ええ。間違いなく。


 ⇒アーサー王伝説の具現 聖剣・エクスキャリバー(エクスカリバー)


戦国武将 前田慶次郎利益拵え 大輪鍔・三本杉




戦国武将 前田慶次郎利益拵え 大輪鍔・三本杉


「三本杉」というのは焼き刃のことです。

目尖り刃が一定の間隔で連なる様を三本杉と呼んでいます。

古来より「関の孫六三本杉」と呼ばれ、数多くの武将が佩刀し、

実用性のある刀として知られています。


天下の傾奇者、前田慶次郎の愛刀は、

その三本杉の刃紋が特徴的な『関ノ孫六・兼元』になります。


前田慶次といえば、漫画の『花の慶次』が有名ですね。


漫画ですと、伊達政宗や直江兼続と出会ったり、

果ては空手使いの宣教師や、琉球の体術使いと

壮絶な激闘を繰り広げたりしていました。


他にも、自身の叔父である前田利家を水風呂に突っ込んだり、

時の天下人、豊臣秀吉の前で命がけで傾いたりと、

あの時代では、考えられないほどの破天荒なキャラクターでしたが、

実際の資料でも、豪快かついたずら好きで、情に厚い性格で

描かれていたようです。


しかし、生まれた年、亡くなった年、共に不詳で、

身長も不明、愛馬「松風」という馬が居たかどうかも不明。

「花の慶次」の原作者「一夢庵風流記」の作者である故・隆慶一郎曰く

三行の資料から一夢庵風流記を書いたのだとか。


謎の多い人物ですね。


 ⇒戦国武将 前田慶次 利益拵えの模造刀 大輪鍔・三本杉


模造刀・黒雲(こくうん)大刀 ~黒地の鞘に黒の雲線~ 




模造刀・黒雲(こくうん)大刀

『ちょっと変わった雑貨屋さん』月うさぎさんの

オリジナル模造刀ですね。


模造刀とはいえ、日本刀の反りや長さ、重量など

細部にこだわって再現されています。


黒を基調とした鞘と柄、くっきりとした刃紋。

黒地の鞘に黒の雲線。

まさに「黒雲」の名のごとく、

手に取っていつまでも眺めていたいシロモノでございます。


美術刀、飾り物として、インテリアに最適とのことですが、

私なら、就寝時は抱きまくら代わりに、

家にいる時は肌身離さずに、きっと持っています。


刃が持つ独特の、なんと言いましょうか。

吸い込まれるような感覚がなんとも言えず。


『人が刀に魅入られる。』


という、妖刀伝説もこういうところから、

来ているかもしれませんね。


 ⇒模造刀・黒雲(こくうん)~黒地の鞘に黒の雲線~ 




坂本龍馬ファン必見!家紋入り刀剣!大刀&小刀&掛台セット 幕末の時代に思いを馳せて~





模造刀 坂本龍馬 家紋入り 


坂本龍馬といえば、

国民的な人気を誇る幕末の英雄の一人です。


土佐郷士に生まれて脱藩。

倒幕の志士として活躍し、貿易会社と政治組織を

兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。

薩長同盟、大政奉還の成立など、明治維新の成立に尽力した。

近江屋事件で暗殺され、日本の夜明けを見ることなく最期を迎えた。


優れた剣術家でもあり、北辰一刀流という流派の

皆伝を伝授されたとも言われています。


愛刀は、陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)。

竜馬が死に際に持っていた刀であり、

坂本家の先祖伝来の刀でもあったとか。


 ⇒坂本龍馬ファン必見!家紋入り刀剣!大刀&小刀&掛台セット



千子村正 徳川家と共に存在し続けた妖刀村正伝説




千子村正(せんじむらまさ、せんごむらまさ)

妖刀伝説に出てくる有名な刀ですね。

江戸幕府を開いたかの徳川家に災いともたらし、

徳川家康が忌み嫌ったとか嫌っていないとかで、よく出てくる刀です。


曰く、徳川家の家臣が謀反を起こした際に、

親族(祖父・清康、父・広忠)の殺害に用いいた凶器が村正であった。


曰く、家康の嫡男・信康が謀反の疑いで死罪になった際に、

介錯に使われたのが村正であった。


曰く、家康の指を切った槍が村正作であった・・・



そんな因縁が積もり積もって、徳川家の村正は全て廃棄。

公にも忌避されるようになり、時には銘を磨り潰して、

隠滅する程の徹底ぶりを見せた。


・・・とまぁ、そんな感じで、徳川家と共にあるような妖刀伝説ですが、

実際、幕末・維新時代には妖刀村正伝説は完全に定着していたようですね。

特に徳川家と対立する立場の人間には、

逆に『縁起物』としても重宝されていたようで、

幕末の倒幕派の志士たちの多くが、競って村正を求めたんだとか。


漫画や、RPGゲームにも出てきますよね。

鬼眼の狂や装甲悪鬼村正 etc etc...

ウィザードリィシリーズではサムライ最強の武器として。


妖刀村正伝説は、現代もゲームや漫画として、

今もなお根強く残っておりますね。


 ⇒美術刀剣 模造刀 妖刀村正伝説・千子村正



タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。