ホーム » 2013年02月

2013年02月の記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

菊一文字則宗 新撰組隊士・沖田総司の愛刀




菊一文字則宗(きくいちもんじのりむね)

刀にあまり詳しくない方も聞いたことぐらいはあるかと思います。


新撰組隊士・沖田総司の愛刀と呼ばれている刀ですね。

あとは・・・RPGゲームの武器としても、

超絶の攻撃力を持つ刀として登場しますね。


起源は鎌倉時代初期の刀工、菊一文字則宗、

もしくは則宗によって製作された日本刀の総称からこの名が付きました。

しかし実際には「菊一文字」という名前の刀は存在しないのだとか。


則宗自身、鎌倉時代の後鳥羽上皇の御番鍛冶を務め、

後鳥羽上皇が定めた皇位の紋である、

菊紋を銘に入れることを許されたことから、

「菊一文字」の名前が出来上がったとされます。

※しかし「菊」の銘が入った刀は確認はされていません。


鎌倉時代に天皇家に使えた刀鍛冶が鍛えた刀といえば、

幕末の時代でも国宝級の代物です。


ですので新撰組の隊士である沖田総司の愛刀が、

菊一文字則宗というのは創作だという説が有力です。

※そもそもは、小説家・子母澤寛の伝記により
 「沖田の刀は“菊一文字細身のつくり”」
 とされていたことから広まったもの。


さて。

そんな数々の逸話が残る菊一文字則宗の模造刀ですが、

福岡一文字派の刃紋を写すという徹底ぶりで再現されております。

このあたりは、流石は魂琥李斗製と言わざるを得ません。

ドラマの小道具としても使われる程ですので、

その逸品ぶりは推して知るべしかと。



かの新撰組に所属した天才剣士に思いを馳せるのもよし。

美術的観点から刀を眺め回して創作意欲をかき立てるのもよし。

そして気分転換に素振りするのもよし。

用途は様々でございます。

※私は余すこと無く全部やりますが


 ⇒伝説の沖田総司の愛刀模造刀(美術刀)菊一文字則宗【きくいちもんじのりむね】


スポンサーサイト

仕込み杖 それはギャップの美学!




仕込み杖

杖の中に刀などを仕込んだ護身用の武器ですね。

長さ、形状は用途によって様々です。

※刺突用、斬撃用など。

頭身の反りは杖に合わせてつけられ、

自然の樹木に合わせて、幾重にも曲がったものもあります。


作られた時代は江戸時代、明治時代が主流。

仕込杖の大半は、明治時代の廃刀令に伴って作られた、

握りがカギ状に曲がったステッキ状のものが多いですね。


江戸時代は刀が公に認められていたのも在り、

残存例がすくないというのもあります。


江戸時代の仕込み杖で連想するのは、

勝新太郎演じる盲目の侠客剣士「座頭市」でしょうか。

盲目というハンデキャップを抱えながらも、

長ドスを仕込み杖として、驚異的な抜刀術で敵を屠る

かの孤高の剣士を連想する方も多いと思います。


それにしても、「盲人用の杖が、じつは長ドスの仕込み杖」

という設定は燃えますね。


同じように、こんかいご紹介している、

「殺生禁止のお坊様の杖が実は人斬り包丁の仕込み杖」

というのも実に燃えます。


かの三蔵法師の杖が、実は仕込み杖だった!

という想像(妄想?)をするだけでも、

いろんな妄想が楽しめそうです。


このギャップの美学というのは、

何時の時代も共通なんでしょうねぇ。


 ⇒仕込杖 三蔵法師の錫杖



緋想の剣 東方緋想天・比那名居天子




緋想の剣(ひそうのつるぎ)


ゲーム、東方Project・東方緋想天でのキーアイテム。

天界の宝と言われる宝剣。

天界に住む「天人」(てんにん)にしか扱えず、

周囲の気質を集めて吸収し力に変換する事が出来る。

また気質そのものを切り裂く事もでき、

相手の気質を放出させ相手の気質の種類を見極めると共に、

吸収した気質をコントロールして

相手の弱点の気質に変化させ弱点を突ける。


東方緋想天では、この剣の力で幻想郷の住人たちの

気質が漏れてしまい、その人物の周りでは、

気質の種類に応じた天候になるという現象が発生していた。


非想非非想天の娘・比那名居天子は

(ひそうひひそうてんのむすめ・ひなないてんし)

この剣を使い、退屈しのぎに幻想郷の住人たちに異変を起こすが・・・


・・・といった感じの、コスプレ刀剣です。


東方緋想天を知っていて、天子さんのコスプレをしたい方なら、

これを持っていれば映えますね。

ただ、画像を見れば分かりますが、お値段通りのクオリティなので、

リアル思考の方にはイマイチ受けが悪いかもしれません。


あと、素材は木なので、当たると痛いです。

チャンバラはお控えになったほうがよろしいかと。

合金よりはマシですが。。


 ⇒コスプレ刀剣・東方project 比那名居天子 緋想の剣



陸軍大刀 国防色鞘 軍刀一本から、時代背景を連想し、夢想し、想いを馳せる・・・っ!!




陸軍大刀 国防色鞘


陸軍の大刀は、前回の鉄鞘で紹介しましたが、

今回は国防色鞘の紹介です。

階級が将校である事が帯刀の条件という軍刀です。


国防色(こくぼうしょく)とは、1934年当時の日本陸軍の軍服の色です。

正式には帯青茶褐色と呼ばれます。


「将校のみが帯刀を許された軍刀」という、

いわゆる象徴的かつ、儀礼的な存在ではありますが、

戦車、戦艦、戦闘機・・・

このような鉄の重機が主役である時代でも、

「刀」というのは象徴で在り続けたというのは感慨深いですね。


因みに、模造刀とはいえ、実物の軍刀から金具から型を取り、

当時の仕様を限りなく再現しているのは、

流石は魂琥李斗製と言わざるを得ません。


軍刀一本から、時代背景を連想し、夢想し、想いを馳せる・・・

このような崇高で深い考察が楽しくてたまらない方へ、

日本陸軍の軍服を着てコスプレするのがご趣味の方へ、

たまに気分を変えて軍刀で素振りしたい方へ(亜鉛合金なので重いです)

用途は様々!

 ⇒陸軍大刀 国防色鞘 【りくぐんだいとうこくぼうしょくさや】


薙刀(長刀とも呼称) 源平合戦の時代に活躍した主流の武器




薙刀

「長刀」とも表記しますね。

源平合戦の時代には主流の武器でしたね。

かの武蔵坊弁慶も大薙刀を持って、主君の義経と、

数多の戦場を渡り歩いておりました。


しかし、応仁の乱以降の戦国時代で主流になった、

密集陣形での戦場では機能的な観点より槍が勝り、

戦場の主武器としての地位をおわれることになります。


最終的には、江戸幕府が武士の個人での

薙刀の所持を禁止し、消滅寸前になりましたが、

武家の女子が必修する武芸となる事で存続を得たのだとか。


薙刀といえば女性のみしか習えない、

男子禁制の武道としてのイメージがありますが、

そういった経緯があるようです。


マガジンで連載中の我間乱(ガマラン)とか読んでいると、

江戸時代でも長刀使っている男とかいるんですけどね。

(しかも相当の使い手)


そんな薙刀ですが、棒きれよりはあたると痛いです。

観賞用・美術用・ギリギリでコスプレ用としてご使用くださいませ。


 ⇒模造刀尾形刀剣 薙刀(ナギナタ)




タグ / 薙刀長刀

白鞘 短刀・飛龍 「命ァ、とったるでぇ!!」なんて叫んだら不審者扱いされるので注意




白鞘 短刀・飛龍


白鞘(しらさや)は刀身を保管するための鞘です。


白木のままのため、鞘内の湿度が調整され、

刀身が錆びにくいのだとか。


また、中の掃除をするために、

白鞘は飯粒を練って作った糊で貼り合わせており、

比較的簡単に割れるようになっています。

リアルな質感に加え、

白木に鉄の刀身というある種の清涼感を感じる、

「シンプルな美」を感じます。


白鞘の刀といえば、ヤクザ屋さんが出てくる任侠映画、

ルパン三世の十三代五右衛門などで、

「拵え」なしに使っているものがありますが、

通常は、残念ながら実戦には堪えられません。


柄は白木なのでツルツル滑りがちですし、

鍔もないですから「剣術」らしい「剣術」も使えないでしょう。


因みにこの模造刀の「飛龍」は、

九寸短刀と呼称されているもので、

一般的には”ドス”と言われているものです。


任侠映画気分を味わいたい方は、腰だめに構えて、

「命ァとったるでぇ!!」

と、どこかの親分さんに突進したりする自分を想像すると、

きっと、銃弾の雨を体中に浴びる自分も連想できることでしょう。

はい。

 ⇒驚きの出荷率!模造刀(美術刀) 白鞘 短刀 飛龍【ひりゅう】



タグ / 白鞘

黒刀・秋水 ロロノア・ゾロの愛刀 アルミ製なので軽くて安心!でも振り回すのはNG!




黒刀 秋水

人気漫画、ワンピースの登場人物、

「三刀流」ロロノア・ゾロの持つ刀ですね。



大業物21工の一振りであり、

「恐竜が踏んでも1ミリも曲がらない」

と言われるほどの最高硬度を誇る「黒刀」


スリラーバークの戦いで、サムライ・リューマに勝利した後、ゾロの刀になりました。


ロロノア・ゾロといえば、ルフィの最初の仲間でも知られますね。

賞金首的にも、立場的にも No.2的な位置づけで、

クール&ストイック&質実剛健な求道者。


「死ぬのが怖くないのか。」


と思わせるほどに、好んで死線をくぐり、強敵に挑み続ける。

まさにミスター武士道!


幼き日の彼女との「約束」は、

それほどまでに深く彼に根付き、

「大剣豪」という求道と野望に駆り立てる!


おお。

実に熱い。

熱すぎます。


この秋水を、口に加えて言葉を放つ事が出来れば、

あなたはゾロになれます。(できません)

※この模造刀はアルミ製なので軽いから大丈夫!!

 実際は死ぬほど重くて硬いらしいけど(笑)



 ⇒コスプレーヤー御用達! ロロノア・ゾロ 黒刀・秋水



長曾祢虎徹(ながそねこてつ) これぞ名刀中の名刀!




長曾祢虎徹(ながそねこてつ)

「虎徹」とは甲冑師・長曽禰興里(ながそねおきさと)の

刀工時代の入道名の一つです。

※入道:仏門に入った際の名前


虎徹の特徴といえば「切れ味」。

一説では、斬れ味においては全刀工随一とも言われます。


人間の胴体を二体重ねて斬った(貳ツ胴)、

三体重ねて切った(三ツ胴)、そして四体重ねて切った(四ツ胴)、

など記録にあります。


そして、四ツ胴においては、一振り現存するのだとか。

※旧御物、現東京国立博物館蔵


刀剣の業物一覧では、最上大業物12工にランクインしているほど。

指定文化財にも数えられるほどの名刀中の名刀。


そのあまりにも有名な刀剣のため、贋作も多く、

虎徹=偽物というのが前提条件でまかり通るほど。

虎徹が生きている時代から偽物が出回ったというほどなのだとか。



さて。

虎徹といえば、幕末の時代に活躍した、

新選組局長・近藤勇の愛刀としても知られますね。

講談、小説での近藤の名台詞

「今宵の虎徹は血に餓えている」はあまりにも有名です。


他にも、RPGのゲームでも凄まじい攻撃力の武器として登場しますね。


先日紹介した胴田貫とはまた違った意味で、

愛されている刀です。


 ⇒新撰組局長近藤勇 愛用刀 長曾祢虎徹(模造刀) 大刀・小刀セット 金龍鍔仕様



戦場刀・胴田貫(どうたぬき)藤原正国写 戦場での甲冑を身に着けた戦いを想定して作られた実戦刀!!




戦場刀・胴田貫(どうたぬき)藤原正国写

戦場での甲冑を身に着けた戦いを想定して作られた実戦用の刀ですね。

切り裂くのではなく、力任せに叩き斬るための鉈のような刀です。

まさに実戦主義の実用刀!


時代小説や時代劇が創作したフィクションではこんな逸話があります。

「胴田貫の由来は、田んぼに死体を横たえて胴を切ると、
 胴を貫(ぬ)けて下の田んぼまで切り裂いていくところから」


他にも子連れ狼の主人公、拝一刀の愛刀が胴田貫だったり、

三匹が斬る!の主人公の一人「千石」の愛刀が胴田貫だったりしますね。

あとは漫画の斬魔剣伝の羅喉丸の愛刀もそうですね。

明治時代の兜の試し割りの天覧試合である、天覧兜割りでも使われています。



見た目は、反りが浅く、身幅が広く、重ね厚く平肉が付き、

切先の延びた実用特化の鉈のような刀剣。

美術刀とは無縁の無骨、質実剛健、そんな言葉が似合う刀です。

実際そんな刀でもない限り、戦場では使えなかったんでしょう。


中世で言う、バスタードソードのような位置づけなんでしょうかね。

鉄の塊でぶん殴るみたいな。


さて、今回紹介したこの同田貫ですが・・・

かなり重いです。

1.5キロあります。

模造刀とはいえ、鈍器としても十分使用出来るシロモノです。

居合の練習にも使えると明記されているので、

重さは実際の日本刀さながらの重さでしょう。

兜を叩き割るぐらいなので、刀の中でも凄まじい強度を誇るシロモノですし。


そんな実戦主義の戦場刀をこの手にとってみたいという方は是非♪


 ⇒二本樋の同田貫、拘りの拵の逸品【美術模造刀剣】戦場刀 九州肥後同田貫 藤原正国写



模造刀・黒石目 刃紋・光加減・刃・鍔・鯉口・重量感・・・ 本物志向の模造刀をご覧あれ。




模造刀・黒石目です。

黒石目の読み方は「くろいしめ」と読みます。

この名前。

刀の名前ではなく刀の鞘の仕上げの事を指しております。

黒い石の様な作りをした鞘をそう呼ぶのだとか。


日本刀は黒い鞘が多いので、まさにこの「黒石目」の模造刀は、

スタンダードな日本刀の再現とも言えます。


模造刀なので用途は美術、コスプレ、鑑賞がメインですね。

クオリティ、重量バランスともに本物志向で作られていますので、

サムライ気分でブンブンと振り回して、

チャンバラごっこをしたくなる気持ちもわかなくはないですが、

そこはぐっと堪えましょう。


ただ、結構重いので、素振りとかには使えるかとおもいます。(約1キログラム)

トレーニングをしている方は、気分や趣向を変えて、

素振り用に使うのもありかと思います。

※但し周囲の目にはご注意を。

あとは、剣道の型の練習などにも使うのもありでしょうか。


ちなみに当然ですが当たると痛いです。

模造刀といえども、重いですし、剣先は尖っておりますので。

玩具として振り回すのは少々物騒かと。


そういえば、過去に友人が模造刀をスイカ割りに

使っていたのをふと思い出しました。(黒石目ではないですが)

それはそれは綺麗にぱっくり割れました。

※ちなみに材質はアルミ。

その程度には威力があるシロモノなので、どうかご注意を。


刀身の刃紋、光加減、刃、鍔、鯉口、重量感・・・

本物志向の模造刀でございます。


 ⇒楽天ランキング常連 日本美術刀剣 日本刀 模造刀◇黒石目 大刀


上質模造刀 時雨(しぐれ) まさに「時雨」の名のごとし!




上質模造刀・時雨(しぐれ)です。

「時雨」の名前の通り、水を連想させる水色を基調とした鞘と柄。

刀身の刃紋は水に濡れたようにくっきり浮かび上がっております。

実に素晴らしい。

魂琥李斗さんは色々と分かってらっしゃいますね。

流石は居合刀・摸造刀の専門店!!



あ。用途はもちろん観賞用です。

コスプレウェポンとしても当然使えますが。

材質は亜鉛合金製ですが振り回さないほうがいいでしょう。

ええ。

テンション上がるブン回さずにはいられなくなるのは理解しております。



え?

そう感じるのは自分だけ?

そんな馬鹿な。

ははは・・・



まぁ、ともあれ、こういう時は、逸る気持ちを落ち着けて、

日本刀独特の優雅かつ芸術的な刀の反りを眺め続けているのが吉です。

そうすると、じわじわと自然に心の奥底から熱いものがこみ上げてきます。

なんというか、刃物というのは、自分の心を惹き付けますね。

「刀に取り憑かれた」という類の話が昔からあるのも分かる気がしますね。


 ⇒上質模造刀 時雨(しぐれ)

真・木製模造刀 ※コスプレウェポンです。




コスプレ用模造刀ですね。

ええ。

コスプレウェポンです。

「真・木製模造刀」というらしいですが、「真」の理由は不明です。

※理由をググって探してみましたが見つかりませんでした。。。


用途はそのままです。

コスプレ用です。

刀の部分が木製なので、お値段もリーズナブルです。

マニアックな方は、加工や改造にもしやすいかと思います。


大昔のサムライ気分に浸るのはアリですが、

ぶん回してうっかりぶつけると、

多分模造刀の方が壊れますのでやらないほうが良いでしょう。


それにしても、刀というのは、なんというか不思議な魅力を感じますね。

見入るというか・・・

いや、「魅入る」という表現のほうが正しいのでしょうか。


やや曲線気味の刀の反りや、刀身の刃紋を事細かに観察すれするほど、

造形美というものを感じずにいられません。

これが本当に人斬り包丁なのか。と。

大昔の人は、何を想ってこの武器を使っていたのだろうか。と。


はい。

話がそれました。


そんな訳でコスプレウェポンの木製模造刀でした。


 ⇒コスプレ武器小道具★真・木製模造刀(大)【コスプレ衣装造形用】



青の祓魔師 奥村燐 降魔剣・倶利伽羅  ※主人公気分でブン回さないように




青の祓魔師(エスソシスト)の主人公、

奥村燐(おくむらりん)のコミック刀剣です。

この剣は、彼の愛刀、降魔剣・倶利伽羅ですね。


奥村燐って誰?

って方は、青の祓魔師という漫画を読みましょう。

アニメ化もされています。


人間と悪魔の血を引く魔神・青焔魔(サタン)の私生児。

つまり別腹の子供です。落胤とも言いますね。

そんな落胤の子ですが、魔神の『青い炎』を唯一人受け継いでいます。


無鉄砲で喧嘩っ早くて性格的に不器用だけど素直という。

そんな主人公像です。

そして、料理が得意という。。。

「悪魔」の「祓魔師」というこの不協和音が魅力の一つでしょうか。

絵もすごく上手です。


ま。青の祓魔師という作品については、漫画を読んで頂き、

存分に世界に浸っていただくとして、

降魔剣・倶利伽羅の紹介です。


制服の似合う、カッコイイお兄さんにポーズ決めてもらって、

カメラでパシャ撮りしたり、

主人公気分に浸ってテンションMAXになったりするのは

こういうコミック刀剣の醍醐味ではありますが、

アルミの刀剣なので、テンションが昂ぶるあまりに、

うっかり振り回しで何処かにぶつけたら、

作品を愛する諸兄にとっては作品を目の前で焼却されるのと同義に近いほどの

絶望を感じてしまうことでしょう。

どうか無茶をなさらぬよう。


 ⇒コミック刀剣:リンオクムラType 青の祓魔師・奥村燐 降魔剣・倶利伽羅



宮本武蔵の愛刀 和泉守藤原兼重 腰に差して剣豪気分に浸ったり、 守り刀として神刀として奉ったり!





宮本武蔵

言わずと知れた二天一流の大剣豪ですね。

剣豪の代名詞のような人です。


槍の宝蔵院、鎖鎌の宍戸、そして吉岡一門との決闘、

佐々木小次郎との巌流島の決闘・・・

それらを含め、60回以上に渡る真剣勝負に全て勝利。

剣の道に生きた孤高の剣術家でもあり、

芸術家や兵法家としても有名で、五輪書や多数の絵画も遺す。


そんな人物像が大衆に好かれないはずはなく、

歴史小説や、映画、ドラマ、漫画にまで多岐にわたる程、

題材に使われる人でもあります。


それにしても、宮本武蔵の二天一流ですが、

もともと人並み外れた剛力の持ち主だったそうですが、

鉄の塊であり人斬り包丁である日本刀を両手に刀を装備して

戦うなんていう狂人じみた発想を、実現してしまう才能が凄まじいですね。


個人的には、左右両手で持って戦うのは明らかに戦いづらいと思うのですが。

そこは二天一流の創始者である宮本武蔵。

彼だからこそ出来たのかもしれません。


イメージ的には、木刀や櫂で戦う姿の印象のほうが強いんですが、

実際どうだったんでしょうね。


そんな、かの大剣豪・宮本武蔵拵えの大刀です。

武蔵が愛用していた刀といえば、和泉守藤原兼重ですね。


美術品としての鑑賞以外にも、腰に差して剣豪気分に浸ったり、

守り刀として神刀として奉ったりと、色々と楽しめます。


 ⇒美術刀剣 模造刀 宮本武蔵拵え大刀



大日本帝国陸軍御用達の大刀、鉄鞘製。振り回せば武器にもなるのでご注意!




今回は、鉄鞘(てつざや)の紹介です。

大日本帝国陸軍御用達の軍刀を納める鉄拵えの鞘です。


こういうのを見る度に思うのですが、

昔の人はどれだけ強靭だったんだろうかと。

鞘も鉄ですが、刀も当然鉄なんですよね。

こんな重いものを腰に引っさげて、帝都を闊歩していたんですよね。


そして当然、伊達で腰にかけているわけでもなく、

有事の際にはその刀を使って戦闘行為まで行うわけです。


そんな、その時代に生きた人の有り様を、

こういう美術品を通して、私は想いを馳せるわけです。

実に感慨深い。


私のように過去の時代に想いを馳せるもよし、

鑑賞用に使うのもよし、もちろんコスプレにもよし、

コンクリート(魂琥李斗)社の作品は、

なかなかどうして、マニアックの中に更に

一線を画すマニアックさを醸し出す逸品が多いですね。


尚、当たり前ですが、鉄なので重いです。

振り回せば武器にもなるのでご注意を。


 ⇒帝国陸軍大刀 鉄鞘 振り回せば武器にもなるのでご注意!



新撰組三番隊組長 斎藤一拵 小刀 観賞用から、美術用、コスプレの小道具まで、用途は様々!





新撰組・三番隊組長 斎藤一の小刀です。

斎藤一の愛刀といえば、鬼神丸国重 (きしんまるくにしげ)ですが、その小刀ですね。


「斎藤一」の名前は、ジャンプの「るろうに剣心」が有名かと思います。

悪即斬を信条として、突き技に特化した剣術「牙突」を極めに極めた剣豪にして、

幕末と明治の激動を時代を生き抜いた新撰組の生き残りです。


「生き残り」というフレーズに、個人的に感慨深いほどのロマンを感じます。


彼いわく、

「どうもこの真剣での斬り合いというものは、敵がこう斬りこんで来たら、それをこう払っておいて、そのすきにこう斬りこんで行くなどという事は出来るものではなく、夢中になって斬り合うのです」


この言葉。

なんとも深い言葉だな。と。

何度も死地に身を置いて、何度も相手を屠り、その度に何度も生き抜いた。

その全てがこの言葉に込められておりますね。


観賞用から、美術用、コスプレの小道具まで用途は様々です。

ただし振り回したり、相手を攻撃したりするのはNGです。

ええ。

材質は亜鉛合金の塊です。

当たると痛いので。


 ⇒新撰組三番隊組長 斎藤一拵 小刀



平清盛・青龍刀 観賞用にどうぞ。





今回は、平清盛の愛刀、青龍刀のご紹介。

これは観賞用ですね。


平清盛といえば、2012年のNHK大河ドラマの主役ですね。

兵庫県知事がアレコレと批判的な意見を述べたりと、

なにかと物議をかもしだしたドラマでしたが。


まぁ、ソレはおいておいて、

私は平清盛その人自体は結構好きなんでよね。

「平氏にあらずんば人にあらず」

でしたっけ。


源平の話では、悪逆非道の暴君として扱われるこの方ですが、

一時的にとはいえ、それほどの事を言わしめる栄華を極めたのですから。

まさに天下人。

上り詰めるに至った、脳髄の回転と人心掌握の術は推して知るべし。

藤原政権にとって変わって、武家政権の基盤もこの人が築きましたし。


時代の節目に現れた天賦の才を持った人なんじゃなかろうか。

と私は思うわけです。


とまぁ、そんなウンチクはおいておいて、

平清盛の愛刀、青龍刀でございます。

小烏丸(こがらすまる)という愛刀も持っているようですが、

大河ドラマでは、中国刀剣の青龍刀(宋剣)が愛刀のようです。


観賞用なので振り回したりはしないでくださいね。



平清盛の愛刀・青龍刀


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。