ホーム » トレーニングソード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

トレーニングソード グラディウス コールドスチール社製



トレーニングソード グラディウスタイプ

コールドスチール社のトレーニングソードシリーズですね。

この会社の本職は、抜群の強度と耐久性と鋭い切れ味をもつナイフの製作です。


「コールドスチール」で検索かければわんさと動画が出てきます。

パフォーマンスとしていろんなモノをぶった切ったり、

ナイフ投げたりしている動画が見れます。

「物を切る」

という現象はどうして此処まで見入ってしまうのか・・・

そう思わせるほどの動画がたくさんあります。

興味がお有りの方はみてみるのも良いかもしれませんね。


で、今回はそれとは別に、そのコールドスチール社の

トレーニングソードの紹介です。

前回までに「木剣型」「西洋刀剣型」「ナイフ型

と紹介して来ましたが、今回はグラディウス型です。


グラディウスというのは、古代ローマの時代に使用された剣で

刃渡りは70cm程。

刀身は肉厚で幅広い両刃の剣です。

剣闘士(ラテン語:gladiator グラディアートル、

英語:gladiator グラディエーター)の語源でもあります。


このトレーニングソードも、長さ、重量ともに

似通った作りになっており、素振り用には丁度良く、

コールドスチール社ならではの材質によって、

強度も高く曲がらない作りになっております。


室内でも取り回しが利く長さでもあるので、

護身用としても使用できるかと思います。

というか自分なら使います。

こんな硬くて曲がらなくて良い感じの重量だったら、

相手が銃や刃物を持っていない限り、

余裕でぶちのめすことができるので♪


 ⇒Cold Steel グラディウス トレーニングソード 92BKGM GLADIUS






スポンサーサイト

コールドスチール製・トレーニングナイフ  護身用と観賞用に2つ欲しい・・・





コールドスチール製・トレーニングナイフ

コールドスチール社製のトレーニング用のナイフです。

※前回は木刀型と西洋剣型を紹介しました。


さて、このトレーニングナイフ。

適度に硬く、グリップは握りやすく、

重量もそこそこあり、練習用としては最適な逸品。

デザインも秀逸です。


刃の色ですが、画像ではグレーの刃のように見えますが、

実際には黒一色の刃です。

また樹脂製なので刃がなくて安全。



材質は、コールドスチール社謹製のサントプレーン

ゴム弾性を有しながら、バランスの取れた物理特性を持ち、

用途に応じた硬度に自由に調整可能な材質です。

この独特の質感はこの材質なればこそ存在します。

ただ、刃先が少し硬いのでゴーグル使用は必要ですが。


トレーニングナイフの用途としては、

空手、KALIなどの護身術の訓練道具、

軍装コスプレ、劇の小道具、

そして護身用としての常時携帯まで様々です。

もちろんコレクションとしての観賞用としても、

黒いナイフという事で鑑賞に耐えうるでしょう。


自分は、観賞用と護身用に2つ購入しそうですが。。。


 ⇒コールドスチール製 トレーニングナイフ・レザーネック


コールドスチール製 トレーニングソード・木刀型 竹刀とも木刀とも違う、独特の質感としなり!



トレーニングソード 木刀型

前回紹介したのは西洋剣型のトレーニングソードでしたが、

今回は木刀型のトレーニングソードになります。


竹刀、木刀とも違う、軽くてしなりのある材質と質感は、

独自開発の特殊鋼材製ナイフを製造している

コールドスチールのシリーズの持ち味でもあり、

使い勝手にも定評があります。


トレーニングとしての素振り、武道の型稽古、

もしもの時の護身用まで、用途は様々です。


因みに材質はポリプロピレン。

水に浮かぶ。強度が強い。吸湿性がない。

耐薬品(酸、アルカリを含む)性に優れる。

合成樹脂の中では最高の耐熱性を誇る。

竹刀とも木刀とも違う、独特の質感としなりは、

この材質があればこそ。


棒を振った素振りなどに飽きてきた方や、

未知の材質の質感に触れてみたい方。

もちろん純粋にトレーニングされたい方は、

手に取ってみてはいかがでしょう。

 ⇒コールドスチール(Cold Steel) 木刀型・トレーニングソード

コールドスチール トレーニングソード 趣向を変えての素振り、玩具としての観賞用に。




今回はトレーニングソードの紹介です。

文字通りのトレーニングソードとして使うも良し。

観賞用として使うのも良いでしょう。


トレーニング用に使われる方は、

単調な腕立て伏せなどによる筋トレに飽きた方や、

普通の木刀や素振り用竹刀とは趣向を変えてトレーニングする方が多いようです。


尚、素振り用として使う場合は、部屋で振り回すのに注意が必要です。

両手持ちのバスタードソードなので結構ゴツくて重量感も相応にあります。

振り回す場合は、外でやりましょう。


正義の味方気分でブンブンぶん回せば、良い気分になれる事うけ合いです。

※但し、周囲の目にはお気をつけて(笑)


 ⇒コールドスチール トレーニングソード


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。