ホーム » コスプレ刀剣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

蛇矛(だぼう) 張飛益徳が愛用する武具



蛇矛(だぼう)

三国志演義の中の張飛が愛用する武器ですね。

劉備の雌雄一対の剣、関羽の青龍偃月刀、そして張飛の蛇矛。


劉備3兄妹が桃園の義を結んだ時、

商人の張世平と蘇双が、劉備らへ馬と金を援助し、

張飛はこの援助を受けて長さが一丈八尺(4.3m以上)もある蛇矛という

鋼矛を作らせたのだとか。


形状としては、長柄武器の一つで、

刃の部分が蛇のように蠕動して見えるのが特徴的な武器です。

敵を刺したときに、傷口を広げてより効率的に

深いダメージを与えるのを目的とした武器です。


冒頭でも紹介しましたが、

三国志演義に出てくる豪傑、張飛・益徳の愛用武具としてかなり有名です。

しかし、蛇矛自体は明や宋の時代に存在したものであり、

三国志演義としての創作という説が有力です。


三国志平話(さんごくしへいわ)という、

物語では、張飛が退治した大蛇が蛇矛になったという話もあります。

英雄が持つ武具は逸話がつき物ではありますが、なんとも面白いですね。


因みに、ワタクシ、三国志は大好きでして。

吉川英治三国志から、横山光輝三国志など子供の頃から読んでおりました。

何度も読み返しては、かの時代の英雄たちの雄姿を思い浮かべ、

心の中で自身の理想を描いていたものです。


三国志の英雄たちが、今もなお、自分の中で色褪せずにいるのは、

あれなんでしょうかね。

三つ子の魂百までと言うやつなのでしょうかね。


 ⇒三国志演義の登場人物「張飛」の武器といえば、この蛇矛ですよね。 【中国武器】蛇矛(だぼう)


スポンサーサイト

手慣らし鉄扇 護身具&鍛錬具 懐のお供に!



手慣らし鉄扇(てならしてっせん)

画像見ていただければ瞭然かと思いますが、

閉じた状態の扇子の形をした鉄の棒です。

手慣らし鉄扇、あるいは、単に手慣らしと呼ばれております。


携帯用の護身具、鍛錬具として用いられ、

文字通り手慣らし用としていつでも手に持てる程身近な

護身具兼、鍛錬具であります。


昔は、扇ならだれでも持っていましたし、

持っていても不自然さはなく、日常的に訓練していたのでしょうね。


先日紹介した鉄扇のような、開閉型よりもこちらの鉄の棒のほうが、

昔はメジャーだったのだとか。

(骨董屋さんに行くと今でもおいてあるらしいです。)

それにしても、日本の武器というのは

刀といい手裏剣といいこの鉄扇と良い、なんとも奥深いですね。

持って歩きたくなってきます。

(これなら銃刀法違反で多分捕まらないはず。。)

 ⇒送料無料!総鉄製手馴らし鉄扇 「風林火山武田信玄」朱紐 一尺 鍛練棒シリーズ


鉄扇(てっせん) 





鉄扇(てっせん)

読んで字の如く鉄の扇です。


日本では戦国時代から存在し、陣中での避暑のための扇と

非常時の護身具の両面で用いられていたのだとか。


携帯用の護身具以外にも、鍛錬具としても用いられ、

閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない鉄の塊の鉄扇は

手慣らし鉄扇とも呼ばれていました。


昔は、扇ならいつ取り出しても不自然ではなかったので、

これを使用して気軽に鍛錬していたのでしょうね。


鉄扇術という護身術もあるくらいですから、

武士階級の人にとっては刀とほぼ近い役割を持っていたのでしょうかね。


特に屋敷や寝所などでは、

刀のような小回りの効かないものを

部屋で振り回すわけには行かない場合などに

護身用具として活躍したんでしょうね。


あの時代は、常に死と隣り合わせでしたし、

それぐらいの護身用具は持っていて当然だったのかもしれません。


そう考えると奥が深いですね。

ううむ。

欲しい!


 ⇒戦国時代の武士が愛用してきた鉄扇。現代では出世栄達を願う縁起物として贈り物に!




苦無(くない) 忍者武具 ※ゴム製なので安心。



苦無(くない)

手裏剣、マキビシと並んで忍者の必需品ですね。


サイズは13~15cmの大形サイズ(大苦無)

8~10cmの小型サイズ(小苦無)があります。


用途は多岐にわたり、壁を登ったり、穴を掘ったり、

輪場になっている後部に縄や紐を通して使うなど、

便利な小道具として使われておりました。


現代の漫画や小説、時代劇ドラマなどでは、

手裏剣の一種のような扱い方をされていますが、

実際には多くの用途で使用される小道具だったようです。


それにしても忍者の武器というのは、非常に独特ですよね。

この苦無もそうですが、手裏剣やマキビシ、鎖分銅、鉤爪に忍者刀など…

最初に考えた人って一体どんな人がどんな用途で発想したのでしょうかね。

形状一つとっても、他の国にはない独創性が見て取れます。


こういうのを見ると、何時間でも空想に思いふける自分がおります。

我ながらいい趣味をしていると思いますね。はい。


で、この苦無ですがゴム製の苦無です。

用途としては明らかに玩具用、もしくはコスプレ用でしょうか。

私は観賞用ですけどね。


ゴム製なので怪我などは余程のことがない限り発生しないでしょう。

リンク先に飛んでいただければわかると思いますが、

グニグニと横に曲がっている画像があります。

これはこれで実に面白い・・・


 ⇒ゴム製で安心♪ 忍者になっちゃおー!!コスプレにも!忍者の必需品!★苦無(クナイ)武器・時代劇グッズ




草鹿やちる コミック・アニメ刀剣  ※コスプレグッズ、観賞用にどうぞ。





模造刀 草鹿やちるタイプ


草鹿やちる。

週刊ジャンプの漫画「BLEACH」の登場人物ですね。


護廷十三隊十一番隊副隊長で、

赤ん坊の頃、流魂街の最下層「草鹿(北79)」にて、

赤子(捨て子)の頃に更木剣八に拾われた。

という経緯をもつ子供の死神です。


外見・言動共に完全に幼児ですが、

あの更木剣八の副隊長なので、滅茶苦茶強いのは確かです。

しかし、能力・武器共に原作では未だに不明という。

BLEACHは、かなりの長期連載作品なので、

いずれ彼女の活躍の場も見れることでしょう。


今回紹介する模造刀は、その草鹿やちるのコスプレ刀剣です。

柄がピンク色というのは原作準拠なんでしょうね。


用途は当然ですがコスプレ用、および観賞用です。

気分を変えて、ピンク色の柄の模造刀を

振り回すというのも一興ではありますが、

職質で捕まったらさらに恥ずかしい思いをする羽目になりかねません。

どうかお気をつけて。


因みに刀身の材質はアルミ製なので、

振り回してうっかり何処かにぶつけるとポッキリ行きます。

そこもお気をつけて。


 ⇒模造刀(美術刀) コミック刀剣 草鹿やちる


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。