ホーム » 関の孫六

タグ「関の孫六」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

戦国武将 前田慶次郎利益拵え 大輪鍔・三本杉




戦国武将 前田慶次郎利益拵え 大輪鍔・三本杉


「三本杉」というのは焼き刃のことです。

目尖り刃が一定の間隔で連なる様を三本杉と呼んでいます。

古来より「関の孫六三本杉」と呼ばれ、数多くの武将が佩刀し、

実用性のある刀として知られています。


天下の傾奇者、前田慶次郎の愛刀は、

その三本杉の刃紋が特徴的な『関ノ孫六・兼元』になります。


前田慶次といえば、漫画の『花の慶次』が有名ですね。


漫画ですと、伊達政宗や直江兼続と出会ったり、

果ては空手使いの宣教師や、琉球の体術使いと

壮絶な激闘を繰り広げたりしていました。


他にも、自身の叔父である前田利家を水風呂に突っ込んだり、

時の天下人、豊臣秀吉の前で命がけで傾いたりと、

あの時代では、考えられないほどの破天荒なキャラクターでしたが、

実際の資料でも、豪快かついたずら好きで、情に厚い性格で

描かれていたようです。


しかし、生まれた年、亡くなった年、共に不詳で、

身長も不明、愛馬「松風」という馬が居たかどうかも不明。

「花の慶次」の原作者「一夢庵風流記」の作者である故・隆慶一郎曰く

三行の資料から一夢庵風流記を書いたのだとか。


謎の多い人物ですね。


 ⇒戦国武将 前田慶次 利益拵えの模造刀 大輪鍔・三本杉


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。