ホーム » 長曾祢虎徹

タグ「長曾祢虎徹」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

長曾祢虎徹(ながそねこてつ) これぞ名刀中の名刀!




長曾祢虎徹(ながそねこてつ)

「虎徹」とは甲冑師・長曽禰興里(ながそねおきさと)の

刀工時代の入道名の一つです。

※入道:仏門に入った際の名前


虎徹の特徴といえば「切れ味」。

一説では、斬れ味においては全刀工随一とも言われます。


人間の胴体を二体重ねて斬った(貳ツ胴)、

三体重ねて切った(三ツ胴)、そして四体重ねて切った(四ツ胴)、

など記録にあります。


そして、四ツ胴においては、一振り現存するのだとか。

※旧御物、現東京国立博物館蔵


刀剣の業物一覧では、最上大業物12工にランクインしているほど。

指定文化財にも数えられるほどの名刀中の名刀。


そのあまりにも有名な刀剣のため、贋作も多く、

虎徹=偽物というのが前提条件でまかり通るほど。

虎徹が生きている時代から偽物が出回ったというほどなのだとか。



さて。

虎徹といえば、幕末の時代に活躍した、

新選組局長・近藤勇の愛刀としても知られますね。

講談、小説での近藤の名台詞

「今宵の虎徹は血に餓えている」はあまりにも有名です。


他にも、RPGのゲームでも凄まじい攻撃力の武器として登場しますね。


先日紹介した胴田貫とはまた違った意味で、

愛されている刀です。


 ⇒新撰組局長近藤勇 愛用刀 長曾祢虎徹(模造刀) 大刀・小刀セット 金龍鍔仕様



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。