ホーム » 鉄扇

タグ「鉄扇」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

手慣らし鉄扇 護身具&鍛錬具 懐のお供に!



手慣らし鉄扇(てならしてっせん)

画像見ていただければ瞭然かと思いますが、

閉じた状態の扇子の形をした鉄の棒です。

手慣らし鉄扇、あるいは、単に手慣らしと呼ばれております。


携帯用の護身具、鍛錬具として用いられ、

文字通り手慣らし用としていつでも手に持てる程身近な

護身具兼、鍛錬具であります。


昔は、扇ならだれでも持っていましたし、

持っていても不自然さはなく、日常的に訓練していたのでしょうね。


先日紹介した鉄扇のような、開閉型よりもこちらの鉄の棒のほうが、

昔はメジャーだったのだとか。

(骨董屋さんに行くと今でもおいてあるらしいです。)

それにしても、日本の武器というのは

刀といい手裏剣といいこの鉄扇と良い、なんとも奥深いですね。

持って歩きたくなってきます。

(これなら銃刀法違反で多分捕まらないはず。。)

 ⇒送料無料!総鉄製手馴らし鉄扇 「風林火山武田信玄」朱紐 一尺 鍛練棒シリーズ


スポンサーサイト

鉄扇(てっせん) 





鉄扇(てっせん)

読んで字の如く鉄の扇です。


日本では戦国時代から存在し、陣中での避暑のための扇と

非常時の護身具の両面で用いられていたのだとか。


携帯用の護身具以外にも、鍛錬具としても用いられ、

閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない鉄の塊の鉄扇は

手慣らし鉄扇とも呼ばれていました。


昔は、扇ならいつ取り出しても不自然ではなかったので、

これを使用して気軽に鍛錬していたのでしょうね。


鉄扇術という護身術もあるくらいですから、

武士階級の人にとっては刀とほぼ近い役割を持っていたのでしょうかね。


特に屋敷や寝所などでは、

刀のような小回りの効かないものを

部屋で振り回すわけには行かない場合などに

護身用具として活躍したんでしょうね。


あの時代は、常に死と隣り合わせでしたし、

それぐらいの護身用具は持っていて当然だったのかもしれません。


そう考えると奥が深いですね。

ううむ。

欲しい!


 ⇒戦国時代の武士が愛用してきた鉄扇。現代では出世栄達を願う縁起物として贈り物に!




Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。