ホーム » 菊一文字則宗

タグ「菊一文字則宗」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

菊一文字則宗 新撰組隊士・沖田総司の愛刀




菊一文字則宗(きくいちもんじのりむね)

刀にあまり詳しくない方も聞いたことぐらいはあるかと思います。


新撰組隊士・沖田総司の愛刀と呼ばれている刀ですね。

あとは・・・RPGゲームの武器としても、

超絶の攻撃力を持つ刀として登場しますね。


起源は鎌倉時代初期の刀工、菊一文字則宗、

もしくは則宗によって製作された日本刀の総称からこの名が付きました。

しかし実際には「菊一文字」という名前の刀は存在しないのだとか。


則宗自身、鎌倉時代の後鳥羽上皇の御番鍛冶を務め、

後鳥羽上皇が定めた皇位の紋である、

菊紋を銘に入れることを許されたことから、

「菊一文字」の名前が出来上がったとされます。

※しかし「菊」の銘が入った刀は確認はされていません。


鎌倉時代に天皇家に使えた刀鍛冶が鍛えた刀といえば、

幕末の時代でも国宝級の代物です。


ですので新撰組の隊士である沖田総司の愛刀が、

菊一文字則宗というのは創作だという説が有力です。

※そもそもは、小説家・子母澤寛の伝記により
 「沖田の刀は“菊一文字細身のつくり”」
 とされていたことから広まったもの。


さて。

そんな数々の逸話が残る菊一文字則宗の模造刀ですが、

福岡一文字派の刃紋を写すという徹底ぶりで再現されております。

このあたりは、流石は魂琥李斗製と言わざるを得ません。

ドラマの小道具としても使われる程ですので、

その逸品ぶりは推して知るべしかと。



かの新撰組に所属した天才剣士に思いを馳せるのもよし。

美術的観点から刀を眺め回して創作意欲をかき立てるのもよし。

そして気分転換に素振りするのもよし。

用途は様々でございます。

※私は余すこと無く全部やりますが


 ⇒伝説の沖田総司の愛刀模造刀(美術刀)菊一文字則宗【きくいちもんじのりむね】


スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。