ホーム » 双鈎

タグ「双鈎」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

中国武具 双鈎(そうこう) 少林寺系の奇武具



双鈎(そうこう)

薄刃の剣で、先が丸くなっている武器です。

画像を見れば解るかと思いますが、先端がフック状になっています。

少林寺系の武器ですね。


この先端の曲がったフックの部分は、

内側が刃になり馬に乗った騎兵の手綱を切ったり、

鎧や衣服を引っかけて引き落とす

というような使い方が主な使い方になります。


因みに、もっと残虐な使い方としては、

鈎状の部分を相手の腹部に刺し入れ腸を引きずりだすのだとか。


また、握り部には月牙(げつが)がついており、相手の攻撃から手を守ったり、

戦闘時に接近戦で優位に立つための工夫がされております。


「奇武具」と言われるくらいですから、扱いは相応に難しく、

一つの器械にいくつもの刃物が付いているので、

練習中に怪我をすることがよくあると、双鈎を解説した本にはあるようです。


それにしても、中国系の武具って、面白い形をしていますよね。

いかにも中国系というか、ひと目で分かるような形状です。

これ以外にも、双節棍(ヌンチャク)や、錘も面白い形をしております。

どのような思想からこういった武具が生まれてきたのかというのを思索すると、

延々とトリップ出来る自信があります。


 ⇒中国武具 双鈎 【そうこう】 少林門派の奇武具。2本1組。



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。