ホーム » ダマスカス鋼

タグ「ダマスカス鋼」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ダマスカス鋼 ベイビーボウイナイフ



ダマスカス鋼 ベイビーボウイナイフ

ボウイナイフとは、刃長20-30cmのクリップポイントを持ち、

ダブルヒルトを持った大型のシースナイフ(鞘付きナイフ)の事を指します。

そしてダマスカス鋼とは、先日も紹介しましたが、

表面に浮かぶ木目調の独特の刃紋と、錆びることが無いという特質、

そして非常に硬いという事から、強靱な刀剣の素材として、

あまりにも有名な鋼のことです。

※木目調の刃紋については写真を見ていただければお分かりかと。


ボウイナイフの起源は、西部開拓時代に武器と作業用の道具として使われ、

元はヨーロッパで使われていたブッチャー・ナイフ(屠殺用ナイフ)

を改造したものが始まりだと言われています。

名称の由来は、西部開拓時代の英雄、

ジェームズ・ボウイ(ジム・ボウイ)が、

決闘やバッファロー狩りに愛用していたことから

『ボウイナイフ』と呼ばれるようになったのだとか。

尚、米国では「ブーイナイフ」と発音しなければ通じないようです。


このような大ぶりのナイフは、実用性においては殆どありませんが、

アメリカの西部開拓時代を彷彿させる、

フロンティアスピリットを体現する工芸品としての側面を持つため、

今も幅広く製造されており、代表的なメーカーにおいて、

「ボウイナイフ」というカテゴリーは必ずといっていいほど存在するようです。

それほどまでに愛される「ボウイナイフ」というのは、

一種の象徴的なものなのかもしれないですね。


ちなみにワタクシ、こういうウンチク話は大好きでして、

歴史や神話に出てくる偉人や英雄、神の持つ武器、防具、装飾品は、

ほぼ確実に逸話付きの武具が存在するので、

入念に語源やいわくをチェックしては悦に入る人間です。


武器に歴史ありとはよく言ったものですね。


 ⇒FOX-N-HOUND ベイビーボウイナイフ FH604 ダマスカス鋼



スポンサーサイト

15層ダマスカス鋼 ナイフ



15層ダマスカス鋼 ナイフ

ダマスカス鋼とは、木目上の模様を持つ鋼の名前を指します。

別名「ウーツ鋼」とも言います。

強靱な刀剣の素材として知られますが、19世紀に生産が途絶えたため、

製法がはっきりわかっていないという伝説を持ちます。

表面に浮かぶ独特の模様と、錆びることがないという神秘性から、

中世では比類なき名剣として尊重され、王家の家宝として伝えられたのだとか。


ダマスカス鋼で作られた刀剣は、

“もし絹のネッカチーフが刃の上に落ちると自分の重みで真っ二つになり、

 鉄の鎧を切っても刃こぼれせす、柳の枝のようにしなやかで曲げても折れず、

 手を放せば 軽い音とともに真っ直ぐになる”

といわれる程、優秀で強靱な刀剣だったようです。


銃の時代に突入後、ダマスカス鋼はその存在意義を失い、

製法も途絶えていってしまったのだとか。


西洋で言う、日本の玉鋼のようなものだったんでしょうね。

こういう背景を聞くと、ダマスカス鋼独特のあの斑紋が、

とても神秘的に見えてくるから不思議です。


御神刀として一本欲しいところですね。

飽きること無く眺めていそうです。

注:模造刀ではなく本物のナイフなので取り扱いには、くれぐれもご注意下さい。


 ⇒【花鳥匠師・両刃紐巻】15層ダマスカス鋼


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。