ホーム » コスプレ

タグ「コスプレ」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

鉄扇(てっせん) 





鉄扇(てっせん)

読んで字の如く鉄の扇です。


日本では戦国時代から存在し、陣中での避暑のための扇と

非常時の護身具の両面で用いられていたのだとか。


携帯用の護身具以外にも、鍛錬具としても用いられ、

閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない鉄の塊の鉄扇は

手慣らし鉄扇とも呼ばれていました。


昔は、扇ならいつ取り出しても不自然ではなかったので、

これを使用して気軽に鍛錬していたのでしょうね。


鉄扇術という護身術もあるくらいですから、

武士階級の人にとっては刀とほぼ近い役割を持っていたのでしょうかね。


特に屋敷や寝所などでは、

刀のような小回りの効かないものを

部屋で振り回すわけには行かない場合などに

護身用具として活躍したんでしょうね。


あの時代は、常に死と隣り合わせでしたし、

それぐらいの護身用具は持っていて当然だったのかもしれません。


そう考えると奥が深いですね。

ううむ。

欲しい!


 ⇒戦国時代の武士が愛用してきた鉄扇。現代では出世栄達を願う縁起物として贈り物に!




スポンサーサイト

苦無(くない) 忍者武具 ※ゴム製なので安心。



苦無(くない)

手裏剣、マキビシと並んで忍者の必需品ですね。


サイズは13~15cmの大形サイズ(大苦無)

8~10cmの小型サイズ(小苦無)があります。


用途は多岐にわたり、壁を登ったり、穴を掘ったり、

輪場になっている後部に縄や紐を通して使うなど、

便利な小道具として使われておりました。


現代の漫画や小説、時代劇ドラマなどでは、

手裏剣の一種のような扱い方をされていますが、

実際には多くの用途で使用される小道具だったようです。


それにしても忍者の武器というのは、非常に独特ですよね。

この苦無もそうですが、手裏剣やマキビシ、鎖分銅、鉤爪に忍者刀など…

最初に考えた人って一体どんな人がどんな用途で発想したのでしょうかね。

形状一つとっても、他の国にはない独創性が見て取れます。


こういうのを見ると、何時間でも空想に思いふける自分がおります。

我ながらいい趣味をしていると思いますね。はい。


で、この苦無ですがゴム製の苦無です。

用途としては明らかに玩具用、もしくはコスプレ用でしょうか。

私は観賞用ですけどね。


ゴム製なので怪我などは余程のことがない限り発生しないでしょう。

リンク先に飛んでいただければわかると思いますが、

グニグニと横に曲がっている画像があります。

これはこれで実に面白い・・・


 ⇒ゴム製で安心♪ 忍者になっちゃおー!!コスプレにも!忍者の必需品!★苦無(クナイ)武器・時代劇グッズ




Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。